2台目のMacPro

MacPro 2010用のFirmwareアップデーターを適用中。本体はモニターの背後です。

とうとうgoogle mapまでもがブラウザ表示できなくなったOSX10.7.5のMacPro1.1です。SSD化をして動作的には不満は全くないんですが、ささいな不満点もいくつか嵩んでくると辛いものです。そんなMacPro1.1(2006)を、ファイル(boot.efi)の置き換えをして、不満が解消できるバージョンギリギリのEl Capitan(OSX 10.11)化しようと計画を進めていましたが、El Capitan用に内蔵2.5インチSSD、ブート可能なUSB3.0ケースか、SATA-USB3.0ケーブル、MacProにマウントする3.5インチ変換アダプター等、揃えないといけない物も多くて躊躇してました。
MacPro1.1では所詮El Capitan(OSX 10.11)止まり。現在の最新OSは、MacOS 10.15.6で、近くMacOS 11も登場を控えてます。ギリギリサのブラウザのサポートもいつまで続くか不安です。
出費は少々多くなるかも知れませんが、カスタムベースとしては最適だと思われるMacPro(Early 2009) が比較的安価にヤフオクで複数出品されているのが気になり、連休中に物色してました。運良く程度の割にはかなり安価にマシンを入手する事ができました。
早速「Mac Pro 2009-2010 Firmware Tool」を使用して、Mid 2010用のFirmwareアップデーターを適用し、MacPro5.1(2010)に変身できました。MacPro4.1では無理な「macOS Sierra(10.12.6)」までアップデートしてみました。

何はともあれ、Mac Pro 2010に変身した事で、ロジックボードが共通であるMac Pro 2010〜2012と多くのパーツで互換性があります。
CPUもヤフオクに複数出品されているみたいだし、内蔵型の802.11ac/Bluetooth 4.0 ワイヤレスカードにアップグレードする事もできます。

Firmwareアップデート後に、Mac Pro 2006から移植したATI Radeon HD 5770 1GB Graphics Cardです。先ず邪魔なファンを取り外してから取り付けました。

Mac Pro 2010(5.1)化するまでは、Mac Pro 2009デフォルトのグラフィックボードが必要とあります。幸いにも購入品は完全なオリジナル状態を保っていて「NVIDIA Geforce GT 120」が装着されていました。おかげでファームウェアアップデートはすんなりと完了しました。
折角なので、「macOS High Sierra(10.13.6)」までアップデートしようかとも考えましたが、なんとなく「Sierraでいいか。」と思い止まってます。