耳障りなラジオ番組

職場でほぼ毎日朝から流れているラジオ。
選局はFM長崎です。
時間が判りやすいので聞き流すのには時計代わりでちょうどいいんですが、昨年春頃からでしたか、嫌な問題が発覚!
その前に、スピーカーの位置が、電源の都合上、私の目の前の棚の上にあるので、音量を絞っても一番良く聞こえる位置に私は座っています。
問題に触れてみようと思います。
単純には好き嫌いの問題です。FM長崎ではありますが、多くの時間帯は他局の番組をネットワーク放送してます。
月曜日から木曜日までの13時半〜15時50分頃までと長い時間帯を、アナウンサーでもタレントでもない無名な女性パーソナリティが毎日日替わりのレギュラーゲストを招いて放送しているJFN(JAPAN FM NETWORK)の番組。
これが最悪に耳障りで、不快極まりない番組で困っています。
40代のパーソナリティの不遜な喋りや「うーん」というひとりあいづち、下品で白々しい大きなバカ笑い、「うふふ」と気持ち悪い作り笑い、特におかまがゲストの日は最悪です。
この不快な思いをしているのはスピーカーが近い二人だけなので、番組を他局に変えたりした事もあったのですが、ラジコプレミアムではないので、田舎地方の長崎では他に選べるベストな局がありません。この時間帯だけ他局というのもね。
そもそも、部屋をリフォーム、レイアウトが変わり発覚した訳なのですが、スピーカーが遠いほとんどの人たちには聞き流せる音量なんだと思います。
大抵の人は聞き流し程度で気にならないのが平日午後の普通のラジオ番組なんだと思うのですが、この番組だけはバカ笑いが酷過ぎて流れてくれません。
多分他にも不快な思いをしている人が間違いなく沢山いるだろうと思います。
ラジオでこんな体験って初めての事です。
早く番組が終了、打ち切りになってほしいものです。