mac os high sierra セットアップ

マロンとの散歩、食事以外はほぼOSのセットアップに時間を費やしました。
とりあえずな感じで、22インチのREGZAにhdmiケーブルで接続して作業を進めました。
ユーザー名やログイン名が気に入らないという事で変更して陥った「管理者を失う」というトラブルにも見舞われましたが、web検索により無事に復旧。これはかなり多くのhigh sierraユーザーが陥っているトラブルみたいですね。
Adobeのサポートが終わっているCS5やCS6のソフトを無理やりインストールして不具合なく使えるようにするという厄介な作業や、Photoshop CC2019のスタートアップ画面非表示化にも思わぬ時間を取られました。
Illustrator CS5にも苦労しましたが無事に終わりました。
あとは、数時間連続の制作作業で、バグが出ないか?強制終了等がないか等が心配されますが、こればかりは使ってみないと判りません。無事を祈るのみです。
処理スピードは、Illustratorの他、PhotoshopもMac Pro1.1よりも相当早いです。
アプリの起動、OSの起動の速さには正直驚いてます。
SSDの恩恵が大きいと思いますが、音もなく、長時間の作業にもクールなボディのまま安定して応えてくれるMac miniの高性能ぶりは予想以上です。

Mac ProからMac miniへ

これまで長年メインのパソコンとして不自由なく使っていたMac Pro(1.1)でしたが、随分前にAppleから戦力外宣告を受けてOSのサポートもストップしています。
まあ、ここまではどうって事ないんですが、各ブラウザのバージョンアップもストップし、それによりいろんなサイトが閲覧できなくなっています。
今のところ不自由しているのは、楽天市場やモノタロウなどですが、今後はヤフオクなんかも見れなくなりそうな感じです。
さすがにこの事態は問題ありなので、この度思い切ってMac miniを購入しました。
といっても最近バージョンアップしたばかりのニューモデルではなく、かといって拡張性のない2014年モデルでもなく、Mac mini (Late 2012)を選びました。
タイミング良くヤフオクで手に入れたのは、極上の2.6GHzクアッドコアIntel Core i7, 1TB Fusion Drive(オプション)という最高峰モデルです。

グラフィックアクセラレーターもバージョンアップしアドビ関連のソフトも、職場のタワー型Windowsマシンにも劣ることなく動いてくれていたMac Proですが、機会を見つけてOSをアップデートしようと思います。メーカーサポート外になりますが、再び現役に返り咲かせようと思ってます。

ところで、弁当サイズのMac miniですがかなりの実力みたいです。
とりあえず、TVをモニター代わりに、各セットアップを進めているところで、この投稿はセットアップ中のMac miniからです。
Mac ProではOSX10.7.5を使用していましたが、miniは一気にmacOS High Sierra(10.13.6)!!
PhotoShopだけはCC契約なので、最新バージョンをインストールしました。
Illustrator CS5.1とDreamweaver CS6も動作するようですが、サポート外でちょっとした裏技も必要?みたいです。
先ずはそんな情報を収集します。

MacPro 1.1現役

2006年のモデルですが現役でストレス等の問題は一切なく使用しています。
A3サイズくらいまでの、画像をそこそこ使ったオフセット印刷用データ(両面)を作ったりしても、Photoshop、Illustratorにストレスを感じる事なく、むしろ職場で使っている比較的新しいWinのi5プロセッサータワーPCにも全然負けてない機敏さです。搭載メモリが若干MacProの方が多いかも知れませんが、12年前のMacですからね。よく頑張ってます。
これまでのトラブルといえば、メモリの不具合と光学ドライブがDVDディスクを読めなくなるという故障、それからこれまでの歴代モデルを含めると何度壊れた事か、多過ぎて判らないグラフィックアクセラレータカードの破損。
全て、オークションで適合品を購入して解決済みです。
グーグルストリートビューのスムーズさは職場のWinの方がスムーズなようですが、これはグラフィックアクセラレータカードの性能の差でしょうか。うちのMacは、壊れたついでにアップグレードしてますが、ATI Radeon HD3870 512MB と現在では非力だと思います。
間違いなくこれまで使い続けてきたMacでは最強です。

動作にはなんら不満はないMacPro1.1ですが、MacOSX10.7.5までしか使えず、アップデートできないためiPhoneとMac間のiTunes同期ができなかったり、ブラウザも最新バージョンが使えません。何となく時代に取り残されているような感じがする点を除けば、特に大きな不便は感じていませんが、そろそろ予備的にMacminiなんかを狙ってみようかななんて考えてます。最新モデルは、メモリ増設も自分では困難な密閉モデルで、OSが新し過ぎて、仕事に必要なPhotoshop CS6、Illustrator CS5.1、Dreamweaver CS6が使えないので、狙いはLate2012のCorei7 2.3GHz Quadがベストだと考えてます。MacProのLate2012がいちばん良いんですが相変わらず高値なようです。

夕べの散歩写真とiPhone

夕べの海岸散歩時に撮影したマロンです。
風が吹いており、比較的涼しかったのでマロンも気持ち良さそうな表情です。
今回も、iPhone 6sでの撮影ですが、カメラはオリジナルではなく、『Adobe Photoshop Lightroom CC mobile』というアプリに含まれるカメラで、RAW撮影しました。
同アプリで、明るさ、色調、彩度、等の補正をしてJPG書き出しをしています。
ほぼ、これまでMacに取込んで、『Adobe Camera Raw』〜『AdobePhotoshop』と作業していた事がiPhoneだけで出来てしまいます。


ちなみにRAW撮影した生の状態を、あえてjpg書き出ししたのがこの画像です。
すでにjpgでこの状態だと補正は困難ですが、さすがにRAWデータはある程度自由に補正ができます。
個人的にメリットを感じるポイントとして『Adobe Photoshop Lightroom CC mobile』のカメラ機能にあるプロフェッショナルモードには、露出補正、シャッタースピード、ISO感度、ホワイトバランス、マニュアルフォーカスを自分で調整して撮影できるという利点があります。
私はISO感度設定しか使いませんが、写りの違いは、薄暗いシーンでオリジナルカメラとはっきり差がでます。
この日は既に暗過ぎて、ISO25ではシャッター速度が稼げず動くマロンを撮るのは無理で、ISO64に感度を設定して撮影しています。
これも厳しくて被写体ブレは免れませんでした。
オリジナルカメラだと、優先的にブレを防ぐ為に感度をISO200やISO400あるいはそれ以上に自動設定してしまうのでノイズだらけのjpg画像になる事も少なくありません。
RAWデータを現像する楽しさがiPhoneでも出来てしまうなんて、へたなデジカメも真っ青ですね。っていうか、iPhoneってカメラじゃないんですけどね。
凄い時代になったもんです。

マルチーズがいっぱい!!

快晴!土曜日の散歩

Photo:iPhone 6s(Adobe Lightroom mobile RAW)

iPhone 6sですが、カメラアプリのAdobe Lightroom mobileでプロフェッショナルのDNG(RAW)モード、ISOを最低の感度 ISO 25に設定して撮影すると見違える程ノイズが少ない画質に仕上がります。
夕方の時間帯でしたが、ISO 25でもシャッター速度は1/300と、手振れを気にする低速度でもありません。
余程iPhoneのデフォルトカメラは、画質の妥協点がゆる〜いレベルに設定されているようです。

Photo:Canon EOS 7D Canon EF50mm F1.8 II

Photo:iPhone 6s(Adobe Lightroom mobile RAW)、(Pro HDR)

マルチーズがいっぱい!!