Home > Gallery > Season > 冬の風景 > 冬の風景2


|冬|の|風|景|

ただ春の日を待ちわびて


 高原へと向かう一本道の傍らには、所々に雪が残っています。
太陽と過ごす時間が少しづつ長くなり、暖かい季節の訪れを待ちわびる気持ちを、すぐに寒さへと逆戻りさせてしまう木陰を埋める冬の色。
並木の枝先をふるわせながら、風が冷たく通り過ぎてゆく2月のよく晴れた午後。


Location:
滋賀県 マキノ町(高島市)
Date:
2004/02/08
Photo:
Nikon COOLPIX 990

冬の帰り道


 冬の短い陽が西の低い位置まで傾き、あたり一面が薄紫色の夕闇に包まれる瞬間。
丘の上から見おろす景色は、まるで切り絵のようで、その美しさに思わず見入ってしまいます。
太陽が木々に遮られ始める頃、陽が陰る前に、長く伸びた影を追いながら、曲がりくねった坂道を急ぐ冬の帰り道。


Location:
長崎県 諫早市
Date:
2004/01/14
Photo:
Nikon COOLPIX 990

冬の観覧車


 太陽が最も恋しくなる季節。
夏の日、あんなに賑やかだったこの広場もひっそりと息をひそめています。歩道では肩をすぼめた人々が足早に通り過ぎていきます。
北西からの強い風に、唸りをあげながらそびえ立つ大きな観覧車。
なんとなくその姿が寂しそうに映るのは寒さのせいなのでしょうか。雲の流れが速い冬の日。


Location:
大阪市、京都市、草津市 他
Date:
2002/12/15、2003/12/26 他
Photo:
Nikon COOLPIX 990、CONTAX i4R Canon EOS 10D