Home > Gallery > Scenery > 京都の風景 > 京都の風景2


|京|都|の|風|景|

紅(くれない)に染まる頃


 紅く染まった木々のある風景を求め、気持ちよく晴れた週末の朝、目的地へと向かいます。
いつもは人影まばらなこの場所もこの時だけは大勢の人々で賑わい動きがとれません。
クルマは、駐車できるスペースが既にない状態。それでも並ばざるをえないのか?
特に春と秋は公共の交通機関を利用するのが賢明な街なのです。


Location:
京都市 府立植物園、永観堂、真如堂 他
Date:
2005/11/22 他
Photo:
Canon EOS 10D、Nikon COOLPIX 990

京の夏 - 涼のある風景 -


 祇園祭のハイライトである山鉾巡行が終わると同時に梅雨が空け、真夏が訪れた京の街は連日猛暑が続いています。
街の中心を外れ、交通量の少ない山間まで来ると少しだけ空気が冷たく感じられます。
コンクリートやアスファルトが少なくなるだけでも随分涼しげですが、木立が作る影や川風は、真夏の地にいる事を忘れさせてくれるようです。


Location:
京都市 龍安寺、高雄 他
Date:
2005/07/25 他
Photo:
CONTAX i4R、Nikon COOLPIX 990

かやぶき屋根の里


 この里へは、つづら折りの峠をいくつか超え、辿り着いた小さな町の中心部から、国道を外れ、由良川沿いを上流方面へと向かったところにあります。
山裾に立ち並ぶ数十件の家屋には江戸時代に建てられた民家も十数件あるというから驚いてしまいます。
遠い昔に見たような風景がそこに在り、まるで自分が幼子に戻った様な、なんとも心地いい時間を過ごす事ができました。


Location:
京都府 南丹市 美山町
Date:
2005/05/15
Photo:
Canon EOS 10D

5月の京都御苑


 降り続いた前日の雨に洗われたのか、新緑が一段と色鮮やかに写ります。
午後から広がった雲に日射しが遮られていたのが残念ではありますが湿度の少ない快適な環境の中、ひとときの散歩が楽しめました。
南北1,300m、東西700mの広大な敷地は、緑が豊かで市民の憩いの場としても利用されています。


Location:
京都市 京都御苑
Date:
2005/05/07
Photo:
CONTAX i4R

光に誘われて


 5月の陽気に誘われて自転車を走らせました。
青く澄んだ空には、日射しを遮るものはなく、徐々に額に汗がにじむのが判ります。
気の向くままに到着したこの場所へは、おそらく入園するのは始めてかも知れません。
「少し身近な場所を見直してみよう。」この頃そんなふうに思う事が多いのです。
・・・
いい事かも知れません。


Location:
京都市 府立植物園
Date:
2005/05/03
Photo:
CONTAX i4R

静けさに包まれて


 あれほど賑わっていたこの場所も、広葉樹がすっかり葉を落とし、木々がひとときの眠りにつく季節になると、人影もまばらになります。
「これはこれで悪くないな」とつぶやくひとりごと。何故ならこの景色をゆっくりと味わう事が出来るからでしょう。
人ごみにかき消されていた、しっとりとした落ち着きのある景観が一面に広がります。いつしか憂いも安らいでゆくような静けさに包まれて。
空気は凛と冷たい。


Location:
京都市 嵐山渡月橋周辺
Date:
2007/12/09、2003/02/15 他
Photo:
CONTAX i4R、Nikon COOLPIX 990